これで心配なし!堂々と水着を着られます♪

Vラインを気にする女性

水着を着るときは年に数回だけだから、ビキニライン(Vライン)のムダ毛処理のために、サロンに行ったり、脱毛器の購入まではちょっと・・・という方もいらっしゃると思います。

 

そんな方の為に、自宅でできるビキニライン(Vライン)の自己処理方法をご紹介します。

 

水着を着る前の日にササッとできちゃいますよ。

 

この方法をおすすめするポイントは2つあります。

 

@肌トラブルのリスクを最小限に抑える
A手軽にキレイでツルツルにできる

 

簡単で、しかもトラブルなしでキレイになれるなんて夢みたいな方法だと思いませんか?ではご紹介します。

 

 

一番おすすめの方法は「剃る」

Vラインをカミソリで剃ってお手入れ

ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は、「カミソリで剃る」方法です。

 

意外でした?

 

カミソリで剃るというと、「跡がシミになって残ってしまい、肌が黒ずんでしまった」とか、「剃ったあと、肌が赤くなって痒くなった」などで困った経験をしている方も多いですからね。

 

でも、これは私がお世話になった皮膚科のお医者さんに教えてもらった方法です。

 

お肌へのダメージがすごく少ない、やさしい方法なんです。

 

新しいカミソリを用意する

 

刃は切れ味の良い新品を使いましょう。使い捨てタイプでもOK。

 

何度も使ったものは切れ味も悪く、お風呂場に置きっぱなしのものは菌が繁殖していたりするので使わない方が良いですよ。

 

私はこれを使っています。

 

シック ハイドロシルク ホルダー 敏感肌用 (替刃2コ付)

新品価格
¥909から
(2016/5/4 07:25時点)

 

敏感肌用で肌にやさしいのと、刃の数が5枚刃なのでこれにしています。

 

カミソリの刃の枚数は多いほうがおすすめです。

 

4枚刃より5枚刃の方が剃り残しが圧倒的に少ないです。

 

濡らして剃るのはダメ!シェービングクリームも使わない!

お風呂に入るときに、石鹸やシェービングクリームをつけて剃るっている方も多いと思います。

 

でも、これはおススメできない方法。

 

なぜなら、濡らしてムダ毛を剃るのは、大事な肌を守る角質をどんどん剥がしちゃうことになるからです。

 

さらに、石鹸やシェービングクリームや石鹸は、お肌の脂分まで取ってしまいます。

 

お肌の脂分を取って角質を剥がすなんて・・・ちょっと考えただけでもお肌が受けるダメージの大きさが想像できると思います。

 

「ワセリン」を使って剃る!

カミソリでムダ毛を剃るときは、「ワセリン」を使いましょう。

 

「ワセリン」を塗ると、お肌の角質を守りながらきれいに剃ることができます。

 

私が使っているおすすめのワセリンはこちら。

 

サンホワイト P1

新品価格
¥982から
(2016/5/4 07:41時点)

 

逆剃りはしない!

きれいに剃ろうとして「逆剃り」をするのは厳禁。

 

逆剃りしたり、同じところを何度も剃るのは、肌へのダメージが大きくて、肌荒れの原因になってしまいます。

 

剃った後もワセリンで保護

剃った後のお肌の保護もワセリンでOK。

 

ローションなどは刺激が強いものあるので、使用するのは避けた方がベター。

 

ワセリンを塗ると保湿効果があり、さまざまな外的刺激からも皮膚を保護してくれます。

 

いかがでしょうか?
必要なものは「カミソリ」&「ワセリン」だけです。

 

それでも、「肌トラブルのリスクを最小限に抑え」て「手軽にキレイでツルツル」にできちゃうんです。

 

費用もそんなにかからないから経済的ですよね。

 

どうしてもカミソリは使いたくない場合は

どうしてもカミソリで剃るのが怖いという方はシェーバーを利用しましょう。

 

ワセリンを使うので、水洗いができるものを選びましょう。

 

パナソニック レディースシェーバー サラシェ 全身用 ブルー ES2235PP-A

新品価格
¥1,792から
(2016/5/4 07:52時点)

 

カミソリ派の私が私が手放せない必須アイテムはコレ!

カミソリ派の私が愛用中の「Vラインのお手入れ必須アイテム」もご紹介しましょう。

 

1つ目は「ネオ豆乳ローション」。
雑誌で紹介されていた抑毛ローションです。

 

剃る回数を減らしたくて使っています。
ビキニラインにも安心して使えます。

 


塗るだけの簡単ケアでムダ毛ケアと美肌づくりが同時にできるネオ豆乳ローション

 

 

2つ目は「Vライントリマー」 。
チクチクしない!毛先を丸くカットできるアンダヘアー専用トリマーです。

 

形を整えたり、嫌なチクチクを解消するにはこちらがおすすめです。
すごく役立つアイテムで手放せません♪⇒詳しくはこちら

 

 

 

「剃る」方法も完璧ではない

ただ、この方法も完璧ではないんですよね。

 

下着を付ける際に、剃った後に生えてくる毛がチクチクしたりかゆくなったりが嫌で剃る方法を止めてしまう方もいらっしゃるぐらいです。

 

そして、当然ながらムダ毛はまた生えてきます・・・

 

一週間ぐらいすればまた処理しなければなりません。
抜いても剃ってもムダ毛は生えてきてしまうのです。

 

また、カミソリの処理も回数が増えてしまうと、カミソリ負けを起こして肌が荒れてしまいます。
それによって、色素沈着・黒ずみなどになってしまう危険性もあります。

 

なので、水着を着る夏だけでなく、常にビキニライン(Vライン)のムダ毛をきちんと処理してキレイでいたい♪という方には、『家庭用脱毛器』を購入するか、『サロン』や『クリニック』で永久脱毛してしまうことをおすすめします。

 

尚、「家庭用脱毛器」と言っても「抜く」タイプのものは、一番のトラブルの元になるのでおすすめしていません。

 

ビキニライン(Vライン)に使える家庭用脱毛器はこちら

 

 

脱毛サロンに行くと「とにかく楽」です♪

「脱毛サロンに行くと何が良いの?」って聞かれたたら、こう即答します。

 

「もう断然ラク!」

 

脱毛サロンに行っても、ムダ毛の自己処理はしなくちゃいけないんですが、回数は圧倒的に減ります。

 

私の場合ですが、

 

自分で処理していた時:2〜3日に1回
脱毛サロンに通っている時:7〜8日に1回

 

という感じです。

 

週に3回も自己処理が必要だったのに、週にたった1回で済むようになりましたから。
それはもうすっごく楽になりました♪

 

仕事ですっごく疲れている日とかに、ムダ毛の処理をしなければならない煩わしさで気が重くなることもなくなるんです。

 

だから、「ムダ毛の処理は面倒で嫌だなぁ」っていつも思っている人は、きっと「あ〜やって良かったぁ!」って心底実感すると思いますよ。

 

あと、肌がきれいになったと思います。
自己処理でカミソリを使う回数が減ったからだと思います。

 

いくら正しい方法で肌を痛めないようにやっていたと しても、カミソリの刃を肌に当てている訳でですから、ダメージは蓄積されていきますよね。

 

でも、脱毛サロンに通うようになって、自己処理の回数が3分の1以下になったことでダメージも激減。
お肌の状態も良いと、毎日の気分も上がります!

 

私が行ったサロンは、ミュゼプラチナム
ほんと、楽ですよー!!!

 

 

これだけは止めましょう!「抜く」のは肌トラブルの原因

よく『剃るよりも「抜く」方が簡単に綺麗になるから毛抜きで抜いちゃう』っていう話を聞きますが、抜く方法はリスクが大きすぎます。

 

抜いた後、毛穴が赤くブツブツになったりしたことありませんか?

 

それ、出血して炎症を起こしている状態だってご存知でしたか?

 

また、毛が皮膚の外に出てこなくなってしまう「埋没毛」の危険もあります。
これも色素沈着やかゆみなどの炎症の原因になります。

 

ビキニラインを汚い肌にしたくなければ、ムダ毛を抜くのはすぐに止めることをおすすめします。

 

ビキニラン(Vライン)のムダ毛を抜いて処理処理するのはおすすめできません。